今までの演奏場所クイズ その③

はい、たにうちですよ!

さて、今回はこちら!

これはまぁ場所というよりは『なに』の演奏であるか、ですね!

この『仕事』の種類をやったことがあるのは音楽家では絶対に人数は少なく、
ヴァイオリンでやった事があるのは全国でもそういないでしょう。

僕も最初お声がけいただいた時は

「俺にできるのか、、、?
まぁ世の中なんでもチャレンジではあるか、、、!」

と考えてチャレンジしました。

結果としてはその『仕事』はとても楽しく、自分の知らない世界が広がり、
様々な人と仲良くなる事ができました。

実際にやったの実は『1回目』は1曲だけだったんです。
しかも演奏曲は『アレンジされたカノン』

難易度はあまり高くありませんが、その他のことが難易度を上げているのです。

もうちょいヒントいきましょうか!

その『公演』は全部で大体『6ー7回』ありました。
日程的には3ー5日くらいですかね!

さて、答えは、、、?

 

 

 

 

 

はい!『劇団での出演演奏』でした!

これが中々慣れてくると面白いんですね!

最初は慣れない環境で、しかもただ弾くだけではなく『決められた動作』も必要なんですよ。
ホント最初はガチガチで、めちゃ震えていました(笑)

今でも覚えているは『セリフ』がたんと言えなかったことなんです(笑)

ただ一言だけ僕には台詞がありました。

『君が娘の旦那かね!?』

これがね、ホントに舞台上でお客さんを目にすると全然言えないの。

結局

『えー、君が、、、えー、、えー、、、娘の、旦那かね』

みたいになってしまって。

お客さんとかにめっちゃ笑われてしまったんですが、当時はもう超赤面でメンタル死にかけましたね。

 

しかし、それでも関わった団長さんには気に入っていただけたらしく、その後も何度か出演させていただきました!

 

こちらは『死んだお父さん:職業:ヴァイオリニスト』

 

あとはこんなのもあります。

 

 

『売れない放浪楽団』

こちらの時は盗賊にビンタされて吹っ飛ぶ、というアクションがありました(笑)

 

他にもまだまだありますが、残念なことにデータが残っておりませんでした(T . T)

またどこかに残っていましたら「こんなのもやっていたよ」みたいにしてあっぷしますね♪

 

では今回はここまで!

しーゆー!