超器用貧乏人的ベースライン構築論

こんにちは。ベース講師の紀平です。
さて、今回はベースラインの構築について解説していこうと思います。
バンドをやっていたり、最近ではDTMもかな。
してるとベースラインを自分で考える。という場面に出会すこともあると思います。
そこでベースラインの考え方がわからない。
や、あとは時間がかかりすぎる。
などの相談を受けることがあります。
そこで僕のベースラインの考え方をお伝えするのですが。
いままでの傾向でいうとベースラインを考えるときに悩んでる人は
まずコードトーンや理論を考えすぎて悩んでる人が
多い気がします。
ですが。
まず僕はベースラインの構築においては
理論はあまり考えていません。むしろほぼいらないと思っています。コードトーンも少しだけ。メジャーなのかマイナーなのかくらい。
でも所謂感性で降りてくる、ってタイプでもありません。耳もよくないですしね。
どういうことかというと、
例えば、ジャズの曲弾いてって言われるとどうイメージするでしょうか?
おそらくボンボンと4分音符のウォーキングベースをイメージするでしょう。
ではロックはどんなイメージでしょう?
ダダダダ、、と8分音符の硬派なルートプレイがイメージされませんか?
このイメージがまずはとても大切だと思っていて。
理論や理屈でいうとロックの曲の後ろでウォーキングベースを弾くことは可能です。
逆にジャズで8分ルート弾きも可能です。
なぜやらないか?それは
曲のイメージに合わないから。
それは楽器やるやらないに関係なくリスナー目線で多くの方が持っている感覚だと思います。
理論や理屈でいうとできる幅(可能性)が大きすぎて逆に悩んでしまうんですね。
だいたいなんでもできてしまいます。
僕も恐らくなにしてもいいよ。フリーダムだよ。と言われればかなり悩みます。
(もちろんフリーダムの中にも調性や雰囲気のテーマがあればイメージできますが。)
まずは自分がなにを弾くべきかを意識しましょう。
そしてベースラインにはジャンル毎に”お約束”があります。
お約束とは音使いであったりリズムであったりするんですね。
そうすることでそのジャンルっぽいベースラインに聴こえるんです。
例えばコードがこうで、、使える音がどうやら、、とか考えなくてもソウル系の定番フレーズにはよく6thの音が使われるのでそれを弾くことで自然とコードトーン以外の音もスムーズに使えます
まずはそこを抑えることで自分の弾くべきことはかなり絞られるはずです。
そうすると個性がなくなる!とか面白くない!
と思う人もいるかもしれないですが
なにか変化を加えたいときも僕は他のジャンルのアイデア、他のアイデアをもってきて
そこにミックスすることで少し変化を加えたりしてます。
リズムはロックなんだけどレゲエみたいなフレージングいれてみよう、とか。サックスのオブリガードみたいなフレーズ入れたり。
あとは”普通”を知ることで逆にそれをハズしてしまえば”普通じゃない”。になるんですよね。
セオリーであるルート音を一切弾かないプレイやリズムを一切パターン化しないプレイなども数多く残っています。
僕は所謂キテレツな事もまずは普通を知らないと
おかしい事にすら気付かないと思っています。
そして安心してもらいたいのは個性などは
同じフレーズ弾いてもでるものだと思います。
弦をピッキングする強さ、スピード感、音質、間、など。同じ音符を弾いたとしてもバリエーションはまだまだ可能性があります。
まずはシンプルな定番フレーズを意識してみてください。
これが僕のベースラインの考え方です。
僕は中学でベースを始めたときに父から(趣味でやってるだけの人です)
ベーシストは誰よりも音楽しらないといけない、と
カントリーやブルースなどからラテンなどまで様々な音楽を聴くように勧められ、
色んなリズムパターンを解説している教則本をプレゼントしていただきました。(これは今もヤマハさんからでています。オススメです。)
この経験にはとても感謝していて、
いまではありがたいことにオールジャンルのプレイヤーと評価していただくこともあります。
(もちろんまだまだ不勉強ですし、一つの音楽に集中してる方のような臭いをだせるようになりたいとも思うので日々勉強です)
理論は後付けで大丈夫です。
なにしろ理論自体が本来まずは音楽があって
言葉で説明するために後付けで考えられるものだからです。
是非ご自身のベースラインに悩む方は
一度様々な音楽のベースラインを改めて勉強してみては如何でしょうか?