いい楽器とは

こんにちは。ベース講師の紀平です。
今回は楽器選びについて。
いい楽器とはなんでしょうか?
作り?ピックアップ?塗装?
色々な要因があると思います。
個人的な見解でいうとつまらない上にベーシストからはバッシングを受けそうですが
個人的にはチューニングさえあえばなんでもいい。というのが僕の考えです。
でも実はこれは決してマイナス思考な話ではないです。
実はいまそんなに粗末な楽器って見ないなという。
あとはセッティングだけきちんとしてあげたら絶対大丈夫でしょうと信頼できています。
その中で僕が初心者さんにおすすめする楽器をピックアップしましょう。
まず一つはバッカスさん、
低価格帯がとにかく安い!そして安心のクオリティ。
もうこれに尽きます。
初期のセッティングもそれほど苦労せず素晴らしいサウンドが手に入るかと。
そしてもうひとつ。
きっと皆さんご存知のヤマハさん。
やっぱりヤマハさんは素晴らしい。
安心のヤマハさん。
最近出たヤマハさんのBBの新作ががかなりいい感じです。
僕も昔のBBはメインのフレットレスで使っています。
この2社は特にオススメしますが
僕は本当に好きになればなんでもいいと思っています。
プレイテックだって、なんだって。
一生懸命練習して、ちゃんとセッティングしてあげればいい音がなるはずです。
好きな楽器が好きな音を出す。これが一番理想な形だと思っています。
僕自身、3万円くらいの楽器を大阪の職人さんがセッティングしたものを長く使ってましたが
メジャーのアーティストをプロデュースする方も打ち合げで今日の音はよかったね。と褒めてくださるくらいでした。
なのでいま値段的に安い楽器を使ってる方も悲観的にならず
ちゃんとセッティングして頑張って練習してみてください。
きっと素敵な音がでるでしょう。