演奏する場所はどこだって楽しい!(ホール編)

ども、たにうちです!

今回は演奏する場所についてのお話です♪

今まで様々な場所で演奏してきましたが、悪いところなんて基本的にはないです⭐︎

 

トップ画像は滋賀県のとあるホールでの演奏になりますが、こちらは『パイプオルガン』との共演で、
クラジックやジブリなどを演奏しておりました。

こういう『ホール』の類はどこも音の響きが良く、ヴァイオリン1本でも充分にホールの中を満たせる
音が出せるんですね!
(多少の楽器の性能はありますが、、、!)

基本的にホールで弾くというのは「オーケストラ』や『アンサンブル』など多人数で弾かれることが多い
ですが、こういう『独奏』は自分の音でいっぱいにできるので、悦に浸れます。
というか浸っていましたね。はい。

また大阪のホールで自分が弾けるように、そして皆さんが弾ける発表会の舞台としてできるように
頑張ります!

ちなみに、こういうところで気持ちよくめっちゃ弾きたい!という方は、是非以前紹介した
『高音のなる楽器』を選んでください♪

ちなみに僕の楽器は高音のパワーがえげつないので、ホール向きです♪

大阪のホールで制覇するぞー!