ウッドベースは練習が大切


こんにちは。ベース講師の紀平です。

さて、来月ですがstringsplus講師陣で配信演奏の予定が立ちまして、
先日配信環境の確認とリハーサルを兼ねた演奏がありました。
そこで久々にウッドベースを弾いたのですが
もう一発でマメができました。
あととてもしんどい、、、。
もちろんある程度は練習はしているのですが
やっぱりちゃんと弾かないといけないですね(笑
反省してちゃんとウッドベースも練習しておきます。
ですが、このマメに関していうと
僕はどうやっても指が硬くならないのです。
先生はきっと指先が硬いでしょうとかよく言われますが
常にぷにぷにです。両指とも。
そして手汗もすごいのでぷにぷにでびちゃびちゃです。子供の手みたいと言われます。
僕が握手を基本断る理由はこれなんです。潔癖症ではありません。逆潔癖症です。申し訳ないな、っていう。
でもそういえばいま思うと
ひたすらウッドベースを練習してた時期もステージ終われば血豆でボロボロでした(笑
こればっかりは体質なんでしょうね。
ただやっぱりひたすら弾いてる指と鈍ってる指では全然サウンドが変わるんですよ。不思議なことに。
その時期の録音聴くと当時は嫌すぎて完成音源もらったら悔しくて3回吐くまで呑んじゃいましたが
今聴くと今よりいい音だしてるなーと思います。
やっぱり継続は大事だなぁ、というありきたりな感想で今日は終わり。文がまとまらん。
全然上手くならない!と悩む方も録音してしばらく聴いてみると成長がしっかりみえるかもしれませんよ?
という感じで締めましょう。